療養型病棟のご案内

急性期の治療が終り病状が安定しているが、長期間医療と介護を必要とする方のための病棟です。
医療保険・療養型病棟は40床、 介護保険・療養型病床は152床あります。
介護保険・療養型病棟は、介護保険要介護度1~5の認定を受けた方が対象になります。
入院期間中は、患者様のご希望と身体状況に合わせた入院計画・ケアプランを作成し、常に患者様に合った医療・介護をさせていただきます。
職員は、看護師・介護福祉士など資格を持った人が多く、患者様との心のふれあいを大切にしながら、あたたかな看護・介護を目指しております。

入院手続き

入院受付で手続きをしてください。
健康保険証、介護保険被保険者証、公費医療受給者証など各種受給資格証印鑑、診察券をご持参ください。
3ヶ月以内に他の病院に入院していた場合は、その病院から「退院証明書」を発行してもらいご提出ねがいます。

※「入院申込書(兼連帯保証書)」、「保険外費用支払同意書」はすみやかにご提出願います。

持ち物

入院する際に準備していただくものは下記のものです。

日用品 コップ、電気カミソリ(男性)、上着・ソックス(必要な方)、上履き

※紙おむつ、紙パンツ類は病院の物を使っていただきます。
※肌着、タオルはリースもあります。洗濯は有料でお受けします。
※現在服用中のお薬はすべてご持参ください。

面会時間

特に制限はありませんが、病状により、おことわりする場合もあります。

費用

毎月月末締め
医療保険・療養型病棟は翌月10日に請求書を発行いたします。
介護保険・療養型病棟は翌々月25日に請求書を発行いたします。

請求書は発行後、身元引受人様宛に郵送しています。
お支払は原則口座振替をお願いしています。

地域連携・相談室

当院では、地域連携・相談室の医療ソーシャルワーカーが患者様やご家族のさまざまな相談をお受けしています。
また、当院の療養型病棟への入院申し込みについての相談もお受けしています。
医療費や生活費などの経済的なこと、退院・転院・施設入所に関すること、介護保険に関すことなど、お気軽に相談ください。

療養病棟風景

  • 入浴

    入浴は身体をきれいにするだけでなく、心身のリフレッシュ・リハビリに効果があります。
    患者様の状態に合わせて特殊浴槽・一般浴槽の2種類のお風呂をご用意しています。
    入浴を楽しみにされている方は多く、当院ではご希望にあわせ週2回までの入浴を行っています。

  • 相談指導

    ケアマネジャーからご家族へケアプランの説明をしています。
    ご家族・ご本人の要望をお聞きしながら一人一人に合ったお世話をいたします。
    何でもお気軽にご相談ください。

  • 食事

    食堂にみんなで集まり、食事です。さて、今日はどんなおかずかしら?
    もちろん管理栄養士がつくった献立なので、栄養のバランスはばっちりです。

  • 教養娯楽

    見て下さい。この一生懸命な姿。
    左は書道の先生に見ていただいているところ、右は玉入れ風景です。
    また、この他にもボール投げ・輪投げ・音楽リズム・紙芝居など多くのレクリエーションを計画しています。

  • リハビリ

    リハビリ室で歩行訓練中です。
    自分でできたことがまたできるようにと、リハビリを行います。
    個別のリハビリ、集団でのリハビリ。
    専門のスタッフが患者様に合わせたリハビリをお手伝いいたします。

  • サービス担当者会議

    現在行っているケア内容が適切か等、一人一人の状態に合わせたお世話ができるようにと、スタッフの意見交換が活発に行われます。
    会議のメンバーは主治医・看護師・ケアワーカー・理学療法士・管理栄養士等です。

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。